つるこな日々

カテゴリ: 女子会

昨日、睡眠で悩む旦那さんの事を書いていましたが
女子会のメンバー5人のうち
3人が睡眠導入剤を服用してるんです。
3人とも、お仕事をされていて疲れているはずなのに
寝付きが悪くて、なかなか眠れないとかで
病院で処方してもらってるそうです。
その中の1人は、旦那さんと似ていて
やっと寝れたと思ってもトイレに起きて
そこから目が冴えてしまうので
居間にテレビを見に行くのだそうで
2時間ぐらい見てるうちに眠くなってきて
そのままそこで寝たりしてるそうです。
そんな事が、ほぼ毎日なんだそうで
私には、一旦お布団から出てテレビのところへ行くなんて
想像も出来ないのですが
寝れないという事は、ほんとに辛いことですね。
それでも朝の4時には起きて、ご主人のお弁当を作ってるそうで
それで体を壊さないか、ほんとに心配です。
そんな話しを聞く度に
寝る直前にコーヒーを飲んでもコテッと寝れる自分は
なんて楽なんだろうと思ったりするんですよね。



先週の木曜日は毎月集まってる女子会の日でした。
久し振りに5人揃って夜の6時半から9時半まで
時間を忘れて楽しい時を過ごしてきましたが
時々欠席していたK.Mちゃんや、Y.Rちゃんは
入院して大腸ポリープの切除をしたり
椎間板ヘルニアで検査をしたりと
健康面でいろんな事があった数ヶ月でした。
でも、お目出度い話題もあって
K.Mちゃんの次男さんの結婚式があったんです。

さて、いつも話題に事欠かない女子会。
今日はK.Mちゃんのお孫ちゃんの話しを紹介しますね。
K.Mちゃんはバツ1で1人暮らしなのですが
お孫ちゃんがやってくると
「ジイジのいないバアバ、こんにちは」って挨拶するんだそうです。
誰も教えた訳でもないけど子供ながらに
パパにはジイジとバアバがいるのと比べてママにはバアバだけなので
そう言ってるんじゃないかと。
初めて聞いた時は、みんなで大笑いしたそうなんですが
スーパーに買い物に行っても
「ジイジのいないバアバ」「ジイジのいないバアバ」って呼ぶので
それは恥ずかしいから違う呼び方にしてって頼んだそうなんです。
で、次にやって来た時に何て言ったかというと
「可愛いバアバ、こんにちは」に変わっていたそうで
でも、又スーパーで
「可愛いバアバ」「可愛いバアバ」って呼ぶので
ほんとに困ったって笑わせていました。



30-04031

「つるこさ~ん」と玄関から声がしたので
行ってみると同級生で女子会のメンバーでもあるMちゃんでした。
「桜が綺麗だから一緒に散歩に行こう」というお誘いだったんです。
Mちゃんとは中学校の同級生で高校と大学は違ったけれど
大学時代は同じ東京で何かとお世話になって
私の人生で一番傍にいてくれて頼りになる友人です。
彼女はO型、私はB型なところも気が合うのかもしれません。
もう散り始めた桜並木を歩きながら
そこは昔通った中学校の通学路だったのですが
「中学の頃って、桜、桜って言わなかったよね~
あんまり桜が綺麗だとか、話さなかったよね。」
って彼女が言うので
「ほんとね~。あの頃はどんな話しをしてたんかね~。」
って話しながら歩いてました。

ほんとに楽しかった中学時代。
父の仕事の関係で中1の2学期に転校してきた私と
すぐに友達になってくれた彼女です。
彼女とは部活も同じブラスバンドで、楽器も同じフルートで
ほとんど一緒に過ごしていた毎日だったんです。
あれから半世紀も経っているなんて信じられないのですが
彼女との関係も半世紀も続いている訳で
私は彼女と知り合えて、ほんとに良かったと
今更ながら思うのでした。



旦那さんは、仕事関係の団体役員をしていて
その関係で時々東京へ行く事があるのですが
去年の入院手術以来
その役目をずっと他の人に代わってもらっていました。
でも今回はどうしても行かないといけないそうで
ほんとに久し振りにお昼過ぎから東京へ出発です。
私はというと、去年の旦那さんの退院以来
旦那さんがずっと家に居る感じだったので
久し振りの時間を満喫するぞと
思わず顔がゆるんでいるところです。
で、楽しみなのは金曜日の女子会。
私が連絡係りなので、この時を逃さずみんなに連絡しました。
地元に残ってる同級生5人がメンバーで
今回は全員出席との返事で
しかも今年になって初めての女子会なのでとっても楽しみです。^^
今日は午後から婆ちゃん(実母)と整形外科へ行って来ます。



30-02131
女子会のメンバーで同級生のK.Mちゃんは
ブティックを経営しながら
真珠のオリジナルなアクセサリーも制作してるんだけど
久し振りにお店に寄ってみたら
素敵なペンダントトップが目に留まって購入してしまいました。
ちょっと衝動買い。
虫食いの葉っぱの上にゴールドピンクの真珠がおしゃれで
ブローチにもなるから色々と使えそうです。



このページのトップヘ