何年振りとかの強い寒波の襲来で今朝もグッと冷え込んで
-4℃という、滅多に経験しない気温だったのですが
昨日の朝も雪がチラつく寒い朝でした。
9時過ぎだったと思うのですが
水道メーター検針員の方が訪ねて来られて
「お母さんのお宅の水道メーターなんですが
針がクルクル回っていて、どこかが漏れている様なので
元栓を閉めておきました。
玄関のピンポンを鳴らしたのですが、どなたも出て来られなかったので
こちらにご連絡させて頂きに来ました。」
とおっしゃったのです。
「それは、水道管がどこか破裂して水漏れしてるってことでしょうか?」
と尋ねると
「そうだと思います。」とおっしゃるじゃないですか!
それでビックリして実家へ行ってみると、婆ちゃんはそんなことなど何も知らずに
起きたばっかりなところでした。
それで簡単に状態を説明して家の周囲を見て回ると
庭の池の傍の水道から出ている塩化ビニールの細い管が裂けて
そこから水漏れしているのを発見!
辺りが水浸しになっているではありませんか。
それでいつもお世話になっている電気店のご主人に電話して見に来て頂き
早速修理してもらえることになりました。
原因がすぐに分かって、ほんとに良かったです。
それに運の良いことに
自宅のメーターは別のメーターで水道管が別になっていたので
婆ちゃんは何も困る事が無かったのですよ。
この異常な寒さに、むきだしの小さい菅は耐えられなかったという事なんでしょうね。