つるこな日々

2017年07月

29-07311
パーセノシッサスシュガーパイン
可愛い葉っぱは、何処に置いてもオシャレです♪



毎週、婆ちゃん(実母)と一緒に隣町の整形外科へ通ってるんですけどね
最初のうちは婆ちゃんのお伴で通っていたんだけど
1年半ほど前に急に右膝が痛くなってからは
私も毎週リハビリしてもらう様になりました。
それで前回は約半年に一度の骨密度の測定の日でして
レントゲン室で手首から肘までを機械で透視する様な感じで計ってもらうんですが
同年代の人の平均を100とすると私は78しかなかったんです。
でも、最初に計った時と比べて数値は同じくらいで
症状は進んでいないという事で、一先ず安心でした。
先生も「70以上あればいいですよ」っておっしゃっていました。
それがですね
最初に測定した時からずっと骨粗鬆症予防のお薬を服用してるのですが
一番最初に先生から処方して頂いた時に
「骨粗鬆症予防の為の若い女性用のお薬がありますので出しておきますね」
と先生がおっしゃるので
思わず
「先生 若い女性用ですか?」って笑いながら言ったんですよ。
そしたら先生が
「アハハ 70や80のおばあさんに比べたら若いという意味ですよ」
ですって。
先生 おもろ過ぎですから^^



29-07301

サンダル履きで玄関から上に上がろうとした時に片方が脱げなくて
そのまま前につんのめった様な格好でこけちゃいました。
その時に足の親指の爪がサンダルに引っかかって
少し浮いた様な状態になって爪全体が内出血で紫色に変色してます。
ちょっと前に手の指の火傷が治ったと思ったら、今度は足の指ですよ。
爪が綺麗に治るまでには結構かかりそうです。


29-07302

そんなことがあったなんて、なにも知らない旦那さんですが
出張の帰りに高速のサービスエリアで買ってきてくれた 生きんつばが
私の胃袋心を満たしてくれました。
この生きんつば、水羊羹と羊羹の中間の様な柔らかさで
甘さ控えめ 小豆びっしりで 私好みだったのですよ。
グッドタイミング&グッドチョイスでダブルグッドね~♪



29-07291

新しい相棒、プリウスがやって来て1ヶ月。
独特なシフトレバーの操作にも慣れてきました。
先日作成したオーディオファイルもセットして、その音楽を聴きながら運転してると
ほんとに自分の車になったんだな~って気がしてきます。
でも、一番喜んでるのは婆ちゃん(実母)かもしれません。
「こんな新車に乗せてもらって有難いことやね。」って何度も言うんですよ。
そして、乗り心地もとってもいいそうです。
そのプリウスですが、運転を終了した時に
「控え目な温度設定がいいですね。これからもエコな温度で快適なドライブを楽しんで下さい。」
「アクセル操作が上手でしたね、これからもこの調子で快適なドライブを楽しんで下さい。」

みたいなメッセージがメイン画面に表示されて褒めてもらったりするんですよね。
少し上から目線って感じではありますが
12年ぶりの新車ですから、そういう初めてのことばかりで楽しいです。
でも、褒めるばっかりじゃなくて、注意される事もあるのかな?



婆ちゃん(実母)と2ヶ月に1度町立の診療所へ通院してるのですが
今日がその日でした。
院長先生は最近赴任して来られたばかりの若い先生です。
田舎の診療所にはなかなか来て下さるお医者様がいなくて
現在も1名募集中で、医師不足が深刻な過疎の町です。
やっと来て頂いても、数年で辞められて何処かへ行かれてしまうので
今までに主治医の先生が何人も変わりました。
大抵の場合は自治医大出身の先生が大学の指示で来られる事が多い様なので
最初から期間が決まっているのでしょうね。
それが、先日の女子会の時に聞いた話しですが
隣町の病院のある先生は、性格が悪くて患者さんや職場の人と上手くいかず
すぐに辞めさせらて病院を転々とされてるそうで
1名募集中のこの町にやって来るんではないかと言うんです。
「それは絶対阻止しないとね。」ってみんなで話してたんですけど
さあ、どうやって阻止するのかって話しになると
そこまでは力の無い私達だけに「神頼み」だけ?



29-07281



私が初めてラフマニノフに出会ったのは
大昔の10代の終わりの頃で
世の中にこんな美しいメロディーがあるんだと思って
すっかり夢中になってました。
その時にピアノを習っていた先生に
この曲が弾いてみたいって頼んで、初めて弾いたラフマニノフがこの曲でした。
だからでしょうね、この曲を聴くと、若い頃に一気にタイムスリップしていって
懐かしさでいっぱいになるんですよ。
時々色褪せた楽譜を開いてみるのですが
若い時みたいにちゃんと弾けないのが残念なところです・・・



『ラフマニノフ プレリュード 作品23の6』
ピアノ:ウラディミール・アシュケナージ



このページのトップヘ